×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

那覇 夜と昼

沖縄本島
阿嘉島
石垣島
プーケットの昼
プーケットの夜
プーケットで食べたもの
チェンマイ
行ってきた!
トップページ

那覇 夜は古酒BAR、昼は公園でぼんやり

夜は古酒(くーすー)

2007年3月
水曜日が祝日だったので、火曜日1日有休を取って、2泊3日で那覇へ行った。
月曜日18:00に仕事が終わって、18:20梅田発の空港リムジンバスへ。走り込むように関空発沖縄最終便に乗り込んだ・・・
※撮影はすべてホルガ(HOLGA120CFN)

くーすBAR「カラカラ」

古酒BARカラカラ沖縄好きの人たちの中では既に有名なお店らしいですね。ここでは、2人の泡盛マイスター(ソムリエの泡盛版)がいて、
沖縄県内の古酒(くーす)がすべて呑めるそうです。

店内は明るいながらも落ち着いた雰囲気。かなり期待が持てる佇まいです。
一合1,000円程度のフレッシュ(?)な古酒から、おちょこ一杯2,000円を超えるような貴重な古酒まで、幅広い品揃えです。

一件目で食べたものとか、気分で「すっきりしたのがええかな〜?ちょっと脂っぽいもん食べたから」とか「パンチのあるやつちょうだい。愛に飢えてんねん」とか、適当にリクエストすると、バッチリの相性の泡盛を出してくれます。

ちなみに、この時はおちょこ一杯2,000くらいの・・・なんかと、リーズナブルでライトなのを頼みました。銘柄は見事に忘れました!

おつまみに、めんたいこの味噌漬けを頼んだのですが、泡盛にぴったり!明太子の爽やかな辛さ、酸っぱさと、味噌の柔らかい甘みと香りが絶妙に絡んでました。

古酒BARカラカラ2

 


奥武山公園(おうのやまこうえん)でぶらぶら

最北端と海灯台のある丘昼間、DFSでさくさくっと買い物をした後、沖縄唯一の鉄道「ゆいレール」に乗って奥武山公園(おうのやまこうえん)にやってきた。

漫湖を望む風光明媚な運動公園です。

草野球のグラウンドなのに、内野に芝生が植えられている贅沢な作り・・・。
そう言えば、沖縄では学校のグラウンドもよく芝生が植えらてるのを見るけど、やっぱよく育つのかな〜?

ファウルグラウンドでは、元気なご老人たちがグラウンドゴルフ(?)を楽しんでおられました。パッコ〜ンとボールを打っては、つったかつったかと早足で歩いて行き、またすぐパッコ〜ンとボールを打っては、つったかた〜つったかた〜と早足で歩いて行き・・・。結構な運動量です。

また、外周にはストレッチ台やら腹筋台やら、いろんなスポーツ器具があるウォーキングコースもあります。
その中に、小石をまばらに敷いた一周20mくらいのコースがあり、裸足でその上を歩くと否応なくいろんなツボを刺激してくれて、痛いの痛くないの!って・・・。
なかなかMっ気を開花させてくれそうです。

神社の絵馬また、この公園の中には、神社も複数あります。この神社は後で地図で調べたところ、「沖宮」のようです・・・。微妙な量の絵馬が飾られていました。

中には純資産○◯千万、キャッシュフロー◯◯万達成!ありがとうございます!那覇市○×と、住所と名前が書いてあるのもあったけど、大丈夫なのか・・・。

大阪発最終便に乗って2泊3日という強行日程で、わざわざ沖縄まで来ているのに、奥武山公園でひなたぼっこって・・・むしろ贅沢な気分になれますね〜。