×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2005/01/20〜24
上海にちょこっとだけ行ってきた。
二十歳の頃から興味があったんだけど、縁がなくこの年になっちゃった。
海外旅行は去年のチェンマイ以来、ほぼ1年振り。なかなか行けないもんだな〜。
アジアはマレーシア、タイ、返還前の香港、ベトナムにつぎ五カ国(地域)目になる。
*(ロ)はlomo LC-A  (ピ)は学研ピンホールカメラ広角です。

Click Here!

2005/01/20
19:00関空を出発。
飛行機はJALと中国東方航空の共同便。
機内食が出た。何年たってもマズいJALの蕎麦。
「マズい、マズい、と思いながらなぜ僕はこれを食べ続けるんだろう?」と考えているうちに
上海に到着。フライト時間は2時間半弱。思ったより早い。

今回の旅行は僕、妻のUKAちゃん、友人の「ちゃん」、「タム」僕以外の3人は同級生で
男は僕一人というメンバー。

上海駅北(ロ)

ネコ(ロ)

ホテル「上海華東大酒店」に着いて近くの超庶民派フードコートで遅い夕食を摂る。
日付が変る頃、女性たちは日式温泉(健康ランド)に向かう。
僕は上海駅の近くをブラブラ歩く。
上海駅の北側は庶民的な、アジアっぽい下町が広がっていた。

2005/01/21

豫園

豫園は400年の歴史を持つ、上海を代表する庭園。
でも、我ら夫婦はどこの名所旧跡に行っても15分で飽きてしまう体質。
「もうどこにも行くな!」と「ちゃん」によく言われる。

紙芝居(ロ)

嘉門達夫に似た謎の紙芝居屋。

まがたま(ピ)

豫園商城と呼ばれる御土産屋さんが立ち並ぶ所。
豫園に合わせた店作り。ぜも、本体より規模がデカイ。
そこにあるアクセサリー屋さん。勾玉みたいなガラス球があったので学研ピンホールカメラを
置いたままにして撮った。

御茶屋(ロ)

これも豫園商城の中にある御茶屋さん。ジャスミンティーを入れてもらう。
とても美味しかったので買って帰った。
家で飲むと大して美味しくなかった。奥が深いっす。

soho(ロ)

泰康路にその後行ってみた。
新進デザイナーたちの店やらがある、上海の北堀江(大阪限定やナ)ともいえるところ。

チベット服

その一角のお店。チベット雑貨のお店でハデハデのジャケットを買った。重い!

市場

そんなオシャレな一角に生鮮市場があった。タイやマレーシアによくあるような、ご飯も食べれて・・・というのではないが、
生活の息吹みたいなのを感じれてウレシイ。
LOMO LC-Aにアグファ100ultraを組み合わせたのだが、こんな色に仕上がったのはそのせいか??
このロシア生まれのゴキゲンさんのカメラは、まだまだ撮れ方がよくわからない。

TV塔

外灘1

外灘2

夜、上海のデートスポットにもなっている外灘地区に行く。
この3枚はUKAちゃんが初代エクシリムで撮ったもの。130万画素って携帯並みの画素数で
エクシリムはがんばる。
ライトアップされているときはとても雰囲気のあるところだが、
TV塔など主要なところは22:30に終わります。でっかい建物が多いので却ってコワい。

和平飯店天井(ピ)

じいさんのJAZZ(ロ)

和平飯店でオールドジャズを聴こう!と夫婦だけで別行動。
内装もとってもシック。
ちなみに、ここのコンボバンド。レベルはかなり低いです!
調律がいい加減で音楽室のピアノの音みたいだし、トランペット、サックスはチューニングがあきらかに狂ってる。
アドリブも一切なし。アレンジの工夫も全くなし。一曲演っては3分くらい休む。
大阪で聴いたらぼくはやしきたかじんのようにモなめとんか〜〜〜〜!ほんまなめとんか〜〜〜!モと
怒鳴ってしまうだろう。でも、ここは上海。これもアリかな?と穏やかな気持ちで聴く。

和平飯店(ロ)

和平飯店南館。さすが上海きっての老舗ホテル。ライトが当たっている時は荘厳。

BAR入り口(ロ)

和平屋根(ロ)

更にその南の石造りの洋館。バーが屋上にあるってことで覗いてみた。
和平飯店の屋根が見えた!あと、このバー、エントランスが不気味です。

2005/01/22

僕は女性たちと別れて別行動。一日中歩きに歩いた。
とにかく歩いた。ウォーキング療法か?ってほど雨の中を歩いた。

自転車

中国と言えば自転車!雨が降っても自転車!

瓦礫(ロ)

老街(ロ)

豫園の道一つ隔てた上海老街。
この瓦礫の中に公衆トイレがあったりします。

食堂

好きです!こういうところ。
羊肉絵面ってのを食べました。羊肉の薄切りに青梗菜、しいたけ、トマトなどが
まるで絵のようにきし麺の上に広がっています。多すぎて食べれんかった。
トマトと野菜のダシが効いてて美味しい!8元(約100円)

羊の串焼き

この旅行で一つを選ぶとしたら、この串焼き。
マトンをまず炭火で炙り、火が通った頃緑色になるほどの山椒をかけ、直火の近火という
大胆な手法で焼きます。さらに今度は真っ赤になるまで一味を振りかけ、もう串全体を覆うほどの炎で
焼きます。
これがウマい!外がパリッとして、中はジューシー。スパイスのお陰で香り高く爽やかな後味。

散髪屋(ロ)

散髪屋さん。

外灘への路地(ロ)

UKAちゃんと合流。
この辺の路地にある食堂でスペアリブのカリカリ揚げを食べた。
スナックみたいな食感。イケル!

トンネル1(ロ)

トンネル2(ロ)

浦東地区に行くための川底トンネル。イルミネーションが綺麗。一度は乗るべし!
最後の夜は、グランドハイアットの55階のレストランで四川料理を食べる。
白身魚のいろんな香草乗せ蒸しが美味しかった。

この後、僕とUKAちゃんと「ちゃん」で日式温泉(初日と別のところ)に行き、3時くらいまで
くつろぐ。
ただ、服を全部脱ぐまで服務員(男)に待っていられたり、タオルで背中やお尻を拭かれたりするのは
恥ずかしい。タイ式マッサージをしてもらった。
5時には起床して日本に帰るぞい!

甘栗(ピ)

おまけ。

中国と言えば天津甘栗。ちょっとゲージツ的に撮れてますか?
【TOPへ】