×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2004/06/12

ついに野球盤を買った!
エポック社の「野球盤スタンダード」
今年、出たばかりの新製品だ。

野球盤B
野球盤! バッターズアイ

野球盤といえば70年代に一世を風靡したゲーム。
僕も子供の頃は「野球盤AM型」というのを持っていた。

当時は「消える魔球」は1イニング3回まで!とか
実際のチームに合わせて右バッターと左バッターを替えたり
子供なりの想像力とリアリズムを追求しながら遊んだものだ。

消える魔球 大リーグボ−ル2号
消える魔球! 大リーグボール2号というよりはフォークボール?

当時持っていたのと相違点は
◆スコアボードが書き込めなくなった
◆右バッターしかない
◆連続投球ができるようになった
◆ランナーが地下から生えてくる
◆スピードガンが付いた
◆球が速い!!
  といったところかな〜。

でも、最後の違いは大きい。

友達のこうちゃんと、晩飯を食べた後、お互いの妻が呆れ顔で見ている中、
2試合したんだけど、酒を飲んでからするのはキツイということがわかった。

ホームラン
ホームラン!!!

僕は38歳、こうちゃんは41歳。 子供じゃないので、綿密に投球パターンを作るのだが、とにかく速球が打てない!
なにしろ、キャッチャーの部分に「ガン!」と当たってピッチャーまで返ってくることがよくある。
酒も適当に回っているので、球種を読み切っていても(反応が鈍く)振り遅れるし・・・。

スローカーブ スコア
スローカーブが打てない! 記念すべきスコア

速球に合わせて振ろうとすると、チェンジアップがまったく打てない。
二人合わせて30三振くらいは喰らってしまうんだ。

ともあれ、仲良く1勝1敗で幕を閉じ、次回は7月決戦を約束したのだが、
こうちゃんは「酔っ払いにも対応できるよう内野にフェルトを張る!
スピードを落として打撃戦や!大改造や〜!」と燃えていた。

TOPへ戻る